格闘家がバーンマシンを採用する理由


バーンマシン愛用のショーン・シャーク

バーンマシン愛用のブロック・レスナー

長時間戦える筋肉をつけることができる

バーンマシンを前回しで回転させることによってパンチで使われる筋群が動員されます。この動作を常に負荷をかけ続けることができるバーンマシンは、長時間戦える筋肉をつけていくことができます。これは最後までパンチ力の低下を抑え有利に戦うために必要な筋持久力です。

また内回りに回すことによって上腕二頭筋の筋持久力が特に高められ、相手を持ち上げたり引いたり、最後の締め技でガッチリとキメるための能力が高められます。
特に締め技が外されないようにするためには相手の力よりも強い力で固めることとさらに抵抗に耐え続ける筋持久力が必要です。バーンマシンのトレーニングはこれらのことに最適な効果があるのです。

総合格闘技は常に身体能力向上が求められる

常に勝ち続ける必要があるため、前回よりも今回、そして次回までどんどん身体能力を高め維持していかなければなりません。特にUFCファイターの場合、フリーウエイトのトレーニングだけでなく、ロープやハンマーなど多岐にわたる新しいトレーニングアイテムを駆使して全身に新しい刺激を与えるトレーニングを取り入れています。

バーンマシンも同様で、常に新しいトレーニングを取り入れていくため多くのUFCファイターが利用するのは当然の流れなのでしょう。また良いものは常に利用され続けるのでバーンマシンが全身の身体能力向上に貢献していることはUFCファイターの75%が使っていることで証明されているようなものです。

バーンマシンを購入する