バーンマシンで握力を鍛える

グリップを離さず握り続ける動作

バーンマシンは高速回転させることで自分の力以上の負荷が前腕、上腕、肩にかかります。
これにより腕全体を中心に筋肉への刺激が強まります。
複合的に肩、前腕、胸に体勢維持のための負荷が強力にかかってきます。

ここでバーンマシンを回転させ続けるには上腕の回転運動だけでなく、前腕でしっかりバーンマシンの角度を固定させることと、握っている手を離さないように維持し続けることです。
これがバーンマシンで握力を鍛える方法となります。
ウェイクボードで飛ばされないようにグリップをずっと握り締めるように、バーンマシンにも強い負荷がかかるのです。

筋トレ経験者であればあるほど前腕に負荷がかかる

ベンチプレスやバーベルカールなどで上半身を鍛え上げている方はバーンマシンを普通の人よりも強く長く回転させることが出来るでしょう。最初は慣れていないものの数日使い続けるだけで驚異的な回転をさせることが可能です。

その分握力でしっかりとバーンマシンを固定し続けなければなりません。メインで前腕を鍛える人はなかなかいないでしょう。チンニングなどもストラップで補強しているほど前腕以外を鍛えているほどです。

そんな人がバーンマシンを回転させ続けるためには、握力を最大限に発揮して握り続けなければなりません。自分の腕の筋肉に前腕が追いついてくるようになると、そのときは前腕が発達してきているということなのです。
ですから、ジムでハードに鍛えている人はバーンマシンは不要だと言われることがありますが実際はそうではありませんし、しっかりと筋トレしている方であれば効果があることは使う前からわかりますよね。

実際に使ってみると、使えば使うほど握力が鍛えられるのが実感できます。

バーンマシンを購入する