バーンマシンは手軽に筋トレできる?

筋トレ初心者にバーンマシンを使ってもらった

バーンマシーンは宣伝文句として『簡単に手間なく筋トレが出来る』なんて書かれているブログがありますが、実際はどうなのでしょうか。
まったく筋トレをしていない人にバーンマシーンを渡して使ってもらいました。

筋トレ素人の彼の感想は、『使えるけどキツイね』でした。
私が見ていても、一応回転はできていると思いました。このことから、バーンマシンはこれから筋トレをしていきたいと考えている方にも十分扱える器具ということが言えるのではないでしょうか。

初心者でも使える。しかし手軽とは言えない

筋トレをほとんどしていない人でも扱えるバーンマシン。ここだけを聞けば簡単に筋肉がつくと勘違いしてしまう人もいるので補足しておきます。

筋トレ初心者や女性でも子供でも回転動作は一応できますので、ベンチプレス100kgをいきなりやらせるようなものとは次元が違うことは間違いありません。

しかしバーンマシンは連続して続けることが困難であり、これこそが自分の筋肉の限界を超えるための重要な点であり、すぐにバーンマシンを置いてしまっては意味がありません。ただ疲れているだけになってしまいますね。動かす、扱うことは誰でもできますが、筋トレの効果を得るためのハードなトレーニングはやはりキツイということです。

バーンマシーンに限らず、筋トレは辛い限界点までやることで筋肉が強くなります。初心者であっても扱えるためハードルが低く感じそうですが、『これ以上無理!』という限界点までしっかりと筋肉を追い込んでこそ効果が出ます。さらにその状態になるまで数セットこなすことが大切です。

結論としては、初心者でも使えるけど、簡単に筋肉がつく魔法の道具ではありませんよ、ということです。

パンプを手軽に得られるのがバーンマシーン

フリーウエイトでジムでのトレーニング経験のある私が感じたのは、高速回転をさせて限界まで動作をすることで特に上腕二頭筋のパンプはかなり早く得られます。これは動画等を見ていて大体こうなることはわかっていましたが、実際にやってみると本当に『手軽』にパンプを得られます。今まで筋トレをしていて体が出来上がっていればいるほど回転数・回転速度を上げても体幹を維持できるはずですので、パンプが得られる限界まで動作ができると思います。

これを3セットするだけでも筋肉は大きくパンプアップします。この感覚は病みつきになりますが限界点の恐怖さえも持ち合わせています。しっかりとグリップをホールドして使ってください。

バーンマシンを購入する