バーンマシンで肩の筋肉を鍛える方法

顔の前で回転させる

バーンマシンを上に挙げた状態を維持するだけで肩の筋肉に負荷がかかります。
さらに回転させて遠心力が加わると負荷は増します。高速回転させるほどバーンマシンの高さを維持するために肩の筋肉には強い負荷がかかるのです。

バーンマシンを顔の前から高さはそのままで左傾けるとまた違う刺激を与えることができます。
肩の筋肉は小さいので上腕二頭筋が疲労する前に肩が悲鳴を上げるでしょう。

下に構えると三角筋後部に効く

フリーウエイトでも三角筋後部はサボりがちのパートです。バーンマシンを下に下ろして内回転させるだけで三角筋後部に刺激を与えることができます。
上腕二頭筋にも相当の負荷がかかるのでハードな動作になるでしょう。

このことから、バーンマシンを上から下まで位置を変えて動くだけでしっかりと肩を鍛えることが可能なのです。
動画で見ているだけでは『なぜお辞儀みたいに動いてるんだろう』くらいにしか感じませんが、実際はかなりの負荷がかかっているのです。
ただし本気でバーンマシンを回転させてくださいね。その際の負荷は想像を絶する程です。

バーンマシンを購入する