バーンマシンで胸を鍛える方法

胸の前に構えて腕を伸ばして回転させる

  1. バーンマシンを顔の前ではなく胸の前に構えましょう。
  2. このとき腕はできるだけ伸ばして、肘は回転させる分だけリラックスして曲げます。
  3. 回転させるときに肘を外側に出さずに肩幅内に収まるようにしてバーンマシンを回転させます。
  4. 回転方向が外回りだとプレス系のような負荷がかかり、内回りだとダンベルフライのようなフライ系の負荷がかかります。

バーンマシンを構える位置

顔の前や上の方に構えると大胸筋の上部に刺激が強くなります。
逆に下に構えれば下部に刺激が強くなります。これはインクラインベンチとデクラインベンチのように考えてもらえればOKです。

大胸筋のオールアウトに最適

もうパンプしてきついなと思った時に仕上げにバーンマシンで大胸筋をオールアウトさせてしまいましょう。
とは言えバーンマシンは低負荷のダンベルやマシンよりもきついので、大胸筋だけでなく三角筋前部への負荷も同時にかかってしまいなかなか難しい場合もあるかもしれません。

バーンマシンを購入する