バーンマシンで上腕二頭筋を鍛える方法

内回りの回転をかけるだけで上腕二頭筋が鍛えられる

バーンマシーンのオーソドックスな回転方法の内回りで上腕二頭筋が鍛えられます。
ポイントは肘を軽く曲げて自分の方へ引き付けるように回転させることです。

バーンマシンのグリップがダンベルで行うハンマーカールの状態を続けるため、上腕二頭筋の長頭に強い刺激が与えられます。
長頭は腕の外側部分の筋肉です。腕全体が太くなり力強くなる部分なのでハードに追い込んで行きましょう。

下に構えると負荷がさらに増す

立った状態で上半身をかがめるようにしてバーンマシンを下におろして内回転をさせることで上腕二頭筋への負荷はさらに強くなります。
上腕二頭筋だけでなく普段あまり鍛えきれない三角筋後部も鍛えられるのでとても効率のよい筋トレであることは間違いないでしょう。
高速回転させて一気に上腕二頭筋をパンプさせましょう。

腹筋の前でバーンマシンを水平にして回転させる

バーンマシンを水平にすることで下になった腕は手のひらが上を向いてグリップを握っているはずです。
回転を意識するのはこの下にある腕です。下の腕だけで引くようにして回転させます。これで上腕二頭筋の短頭も鍛えられます。
注意したいのは上にある腕はサポート程度に回転させることです。両腕で回転させるだけがバーンマシンの使い方ではないということです。

バーンマシンを購入する