バーンマシンの様々な使い方

バーンマシンの基本的な使い方は、両手で持って回すだけです。とてもシンプルですが、回し方によって重点的に鍛えられる筋肉が違います。

上腕二頭筋、肩、前腕

バーンマシンを胸の前で構えて前方へ回します。一番オーソドックスな使い方です。
これによって上腕二頭筋、三角筋、前腕が満遍なく鍛えられます。筋肉を全て使えるため筋持久力、有酸素運動を目的とする場合に向いています。

また腕の回転を逆に自分の方へ内側に回転させると上腕二頭筋への負荷が高まります。
①バーンマシンで上腕二頭筋を鍛える方法
②高ウエイトトレーニングと組み合わせパンプさせる、上腕二頭筋の筋トレ方法

三角筋前部と中部に負荷をかける

バーンマシンを顔の正面に向けて構えて回転させます。肩への負荷を掛ける場合は更にバーンマシンの位置を上に上げましょう。
5.5kgのバーンマシンの重量と、高速回転する腕のブレを肩で固定して維持するため数十秒で肩に効いていきます。

そのほか、肩と肩甲骨周辺の筋肉にダイレクトに刺激を与える使い方としては、バーンマシンを頭の真上に構えて背伸びをするようにして回転させることです。 異常なまでにパンプが得られます。
①バーンマシンで肩の筋肉を鍛える方法
②三角筋パンプのための鍛え方

こちらの動画によってバーンマシーンの様々な使い方がわかると思います。
体勢を変えたり、片手で回したり(上級者向け)、使い方によって上半身全てを鍛えることができます。

バーンマシンを購入する